このページの本文へ
畜産向け消毒について
HOME -> 畜産向け消毒について
畜産向け消毒について

畜産向け消毒とは

蒸気による新しい豚舎消毒法

豚舎内全体に蒸気を充満させることで、スノコ裏や給餌パイプの上等これまで消毒が 行き渡らなかった場所も効果的に消毒できます。
※本方式による豚舎消毒法は、宮崎県川南町「石川養豚」との共同開発により特許出願中です。

畜産向け消毒の手順 ※協力(株)ミヤチク丸谷農場様

手順1 蒸気ボイラを施設脇に設置写真:蒸気ボイラを施設脇に設置 手順2 専用蒸気放出ホースより蒸気送入写真:専用蒸気放出ホースより蒸気送入
手順3 数分で蒸気が充満写真:数分で蒸気が充満 手順4 消毒後の舎内写真:消毒後の舎内

舎内中央に設置した温度センサーによる温度グラフ。60℃以上の状態を20分以上キープ。

舎内中央に設置した温度センサーによる温度グラフ

蒸気消毒前後の菌数推移

蒸気消毒により菌数が大幅に低減。舎内環境が改善され、事故率の大幅改善が可能です。

検体No.  場所 一般生菌数 大腸菌群数
消毒前 消毒後 消毒前 消毒後
1 パイプ 7.7×104 1.8×10 0 0
2 給餌パイプ 5.2×104 3.3×10 0 0
3 餌箱 4.3×104 4.0×10 1.6×10 0
4 5.6×102 <10 0 0
5 天井 <10 <10 0 0


※実施時期、施設の形状や工法等により、消毒時間や効果に差が出る場合があります。